投稿日: 投稿者: 黒川 仁

ファイナルコネクション フィックス 車高調 ルークス ML21S FINAL KONNEXION fix 車高調整キット サスペンションキット ローダウン コイルオーバー【店頭受取対応商品】


Sublime Text2を使い始めてしばらくすると ズーム ダウンフォース 1台分 ダウンサス シティ GA2 ZHO047003SDF 取付セット アライメント込 Zoom ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、改行コードを入力したつもりで"hello¥n"と書いていて実際には改行されないということが何度もあった。

実際にはバックスラッシュを使って"hello\n"と書く必要がある。

これまで、iTerm2やiTerm2上のEmacsを使っていて全く気にならなかったのに、どうしてだろうとおもったら、iTerm2では¥キーを押しても\が表示されていたからだった。

自分で設定したのだったかデフォルトでそうなのかは記憶にない・・・

Macではバックスラッシュはoption+¥で入力できるが、最近はコードを書いていて¥を入力しなければいけないことなどあった試しはなく フロントキャリパーサポート brembo40mmピッチ対応 大径ローター用 ブラック ACTIVE(アクティブ) ゼファー750(ZEPHYR)(91~06年)(RS不可)、正規表現などのエスケープの際にいちいちoptionキーを押すのは面倒くさい。

そこで、いっそのこと¥は表示されないようにしてしまえばいいと考えた。

Sublime Text 2 -> Preferences -> Keybindings - User

でキーマップの設定画面を開き、下記の行を追加する。

{ "keys": ["\u00a5"], "command": "insert", "args": {"characters": "\\"}}

\u00a5¥のUnicodeだ。

最初は\u00a5のところに¥と記述していたが 、次に設定画面を開くと文字化けていたのでこのような表記に変更した。

FINAL サスペンションキット ファイナルコネクション FINAL ルークス フィックス ファイナルコネクション ML21S KONNEXION 車高調 ローダウン fix 車高調整キット コイルオーバー【店頭受取対応商品】