1. HOME
  2. FCCマネジメントレター
  3. 企業ブランドの陳腐化を防ぐ「リ・ブランディング」の着眼/平井 克幸

メールマガジン一覧へ

15インチムーブLA150、160系HOT STUFF ララパーム KC-8 ホワイト 5.0Jx15トランパス LUK 165/55R15

2019.01.18

企業ブランドの陳腐化を防ぐ「リ・ブランディング」の着眼

ブランドを陳腐化させないためには

「ポスト2020」に予測される需要減と過当競争に備えるため、いまやブランディングは企業の必須課題となっている。自社を「価格ではなく、"価値"で選ばれる」企業体質にしておかなければ、将来的に生き残っていくことさえ難しい。

中堅企業や老舗企業の場合は、すでにブランドとして確立し、認知されているケースも多い。ただ、注意しなければならないのは、ブランドは放っておくと劣化していき、やがては陳腐化していくことだ。長年にわたりブランド力を維持していくことは、実は難しい。それをいかに磨いていくかが当面の重点になるだろう。

ブランドは劣化していくと エアロパーツ Fits 10-14 Mustang OE Side Window Louver Painted #U6 Red Candy Tint Metallic 2PC 10-14個のマスタングOEサイドウインドウルーバーに塗装#U6レッドキャンディティントメタリック2PC、顧客が離れてリピート率は下がり、価格競争に巻き込まれ、付加価値も目減りしていく。やがて生産性が落ちて社員も辞めていくという悪循環に陥る。そこに歯止めをかけることは、企業の競争戦略上からも外せないテーマだ。

そこで、ブランドを維持・管理していくための取り組みを【図表1】に示した。

大きくは「顧客の期待を裏切らないこと」、「ブランドを浪費しないこと」、「ブランドを腐らせないこと」の3点に集約される。

顧客からの信頼を裏切らないためには、製品やサービスの品質管理はもちろん、顧客との接点である接客対応でも満足度を高めなくてはならない。社内ルールやマネジメントの仕組みも必要であり、品質基準や検査などのマニュアルを作成・共有して、厳格に運用していくべきだろう。

また、むやみに製品・サービスを増やすとブランドイメージが散乱する。例えば、価格のラインアップが多過ぎれば、ブランドとしての価値を維持できない。高級ブランドが低価格商品を出さないのは、そのためである。

積極的な新商品開発や新しい顧客へのアプローチもポイントの1つだ。変わらないことも大事だが、あえて変えていくことも必要になる。

例えば、「アサヒ」「キリン」といえばビール業界の大ブランドだが、「スーパードライ」(アサヒビール)や「一番搾り」(キリンビール)がなかったら、両社のブランド力は陳腐化していたかもしれない。顧客の潜在ニーズをつかむ努力と、研究開発で新たな技術を磨いていくことが、ブランドの新鮮さを保持することになる。


「リ・ブランディング」を推進する

ブランドにはライフサイクルがあり、気が付かないうちに「老化」している場合もある。老化の症状は陳腐化よりも深刻で、より抜本的な改革が迫られる。自社ブランドのライフサイクルを検証し、もし老化の段階に入っている場合は、「リ・ブランディング」によってブランドをリニューアルする必要がある。

【図表2】にリ・ブランディングを推進していくための着眼を示した。「ターゲットの再設定」、「ブランドバリューの開発」、「インナーブランディングの徹底」の3つである。

15インチムーブLA150、160系HOT STUFF J-CROSS ララパーム KC-8 ホワイト 5.0Jx15トランパス スロットルコントローラ LUK 165/55R15

老化の兆候は、ブランドがターゲットにしている顧客層に表れる。例えば、顧客の年齢層が50代や60代ばかりだと、時間とともに顧客は確実に減っていくだろう。その場合、20代や30代の若い世代をターゲットとして再設定する必要がある。

また 【アクラポヴィッチ】 オプションヘッダーパイプ (チタン) BMW R nineT 14-16(ABS) 【E-B12E3】、ブランドのターゲットを変える場合は、それに合わせてやり方も変えなくてはならない。若年層を狙っていく際は、その層が"ミレニアル"と呼ばれる1980~2000年代初頭に生まれた世代で、「デジタルネイティブ」であることを念頭に置くべきだ。今の50代や60代とは、価値観や行動様式がまるで違うからである。

生まれた時からパソコンなどのデジタル機器がある環境で育っており、スマートフォンやSNSでのコミュニケーションが当たり前になっている。消費では「モノよりも体験」を重視し、「何を買うか」よりも「なぜ買うか」に判断基準を置いている。そうしたターゲットの特性に合わせたブランディング戦略をとることになる。

また、ミレニアル世代へ新たなブランドコンセプトを訴えるためには ■LED HB4■5300lm 2COB■エスティマ GSR50W.ACR50W(アエラス) フォグ■、映像が効果的な手段になる。特に、YouTubeやInstagramが情報共有の場として知られている。

BtoB企業においても考え方は同様である。主要顧客の業界が偏っており、それがもし衰退マーケットだとしたら、将来的には顧客が消滅しかねない。その場合はターゲット自体を変えていくべきであり、将来性が見込める成長分野の顧客へシフトしていくことになる。医療・福祉などのヘルスケア分野、環境・新エネルギー分野、

15インチムーブLA150、160系HOT STUFF ララパーム KC-8 ホワイト 5.0Jx15トランパス LUK 165/55R15,[#tong##]

「お買い得なアルミホイールとタイヤのセット タイヤホイール専門店クラフト craft c455t10746-t10746w51412-w51412d3633HOT STUFF ララパーム KC-8 ホワイト15インチ タイヤ&ホイールセット  適応車種: ムーブLA150、160系 他ご注文前に車両への適応確認をお願いいたします商品によっては、お取り寄せに時間をいただく場合がございますまた、欠品や完売の場合もございますので、ご注文前に納期の確認をお願いいたします取付ナットは付属しませんサイズ等がわからない・・・そんな時はお気軽にお問い合わせくださいアルミホイールメーカー名HOT STUFFホイール名ララパーム KC-8サイズ(F)5.0Jx15 PCD100 4穴(R)5.0Jx15 PCD100 4穴カラー ホワイト備考落ち着きのシルバー 硬派なブラック かわいいホワイト カラーでとてもイメージが変わるホイールです。タイヤタイヤ名TOYO トランパス LUKサイズ(F)165/55R15(R)165/55R15適応車種ダイハツ ムーブ(LA150、160系)2014~◆タイヤホイールは、取付車両の 車種・型式・年式・駆動方式・グレード等により適合する商品を選択する必要があります。 適応車種に該当する場合でも車両のグレード等により、一部装着出来ない場合もございます。ご不明な場合は必ずお問い合わせの上、ご注文ください。◆掲載画像は代表サイズのイメージです。サイズ・穴数により実際の商品とは異なる場合がございます。◆タイヤの製造年月日は、ご指定が出来ません。あらかじめご了承ください。◆取付車種によっては、純正のナットを使用しての取付ができない場合がございます。

、ロボット・IoT・AIなどの先端テクノロジー分野など、自社のブランドコンセプトとの接点を探っていくことだ。

また、製品価値よりもサービス価値に重きを置いて、自社の固有技術を成長分野で生かせるように、ブランド価値自体を再設計・再開発していくことも必要になる。

社員も古い慣習や従来の価値観を捨て、新しい分野にチャレンジしていく意識改革が求められる。ブランドのターゲットや提供価値がいくら新しくなっても、社員が旧態依然とした考え方では、いずれメッキが剝がれてしまう。

新たなブランドコンセプトに基づく階層別研修、ブランドブックの作成、社内広報による定期的な情報発信など、インナーブランディング(社員に対しブランドの価値や目指す姿を理解させる啓蒙活動)を推進していく。もし変わらなければ、それにふさわしい人材を中途採用することも組織のカンフル剤になる。

ブランドを進化させることで、社員も成長していくことが理想的な姿だ。それを導くのが経営トップの役割である。そのため、トップにはインナーブランディングで妥協しない決意と覚悟が求められる。ぜひ、リ・ブランディングの実現に向けて 【送料無料】 215/70R16 16インチ BRANDLE-LINE ブランドルライン カルッシャー ゴールド/リムポリッシュ 6.5J 6.50-16 BFG BFグッドリッチ オールテレーンT/A KO2 RWL/RBL サマータイヤ ホイール4本セット、リーダーシップを発揮していただきたい。

  • タナベ経営
  • 経営コンサルティング本部 副本部長
  • 平井 克幸

    KC-8 5.0Jx15トランパス 15インチムーブLA150、160系HOT 165/55R15 STUFF LUK ホワイト 5.0Jx15トランパス STUFF ララパーム

  • Katsuyuki Hirai
  • 経営者の参謀として、企業のさまざまな課題に精通する戦略コンサルタント。専門分野はブランディングをはじめ開発・マーケティングなど多岐にわたり 、これまでに中堅・中小企業の成長支援を数多く手掛けてきた。著書に『タナベ流新規事業開発プログラム』(タナベ経営)がある。中小企業診断士。

ブランディングに関わるコンテンツ

第一線のブランドマネージャーに最新のノウハウを学ぶ!

ポスト2020を間近に控え、企業におけるブランドの必要性が高まっています。ブランディングに取り組む際は、具体的に何をどのように実践するかが大事。そこで今回、企業の第一線で活躍しているブランドマネージャーを講師に招き、現場での成功事例をもとにブランディングの実務に役立つノウハウを学びます。

講演企業:・株式会社スープストックトーキョー ・オイシックス・ラ・大地株式会社 ・株式会社 明治

「ブランディングノウハウセミナー」の詳細はこちら

「Made in Italy」に学ぶ
中堅・中小企業×地方創生のブランディング

「Made in Italy」のブランド力を支えるのは、それらの産地に点在する地場の中小企業に他なりません。日本の中堅・中小企業が参考になるのは、このようなイタリア方式のブランディングであり、それが本企画の趣旨です。
またイタリアの企業ではデザイナーの存在価値が高く、デザインによってモノに意味を与えることが経営の根幹にあります。そうした中で生まれる製品や建築物などのデザインセンスは 255/35R20 97Y XL FALKEN ファルケン AZENIS FK510 アゼニス FK510 VENERDi MADELENA ADELE ヴェネルディ マデリーナ アデーレ サマータイヤホイール4本セット、

15インチムーブLA150、160系HOT STUFF ララパーム KC-8 ホワイト 5.0Jx15トランパス LUK 165/55R15

、現地を訪れるだけでも感性を刺激する何かが得られるはずです。

「ブランディング海外視察セミナー」の詳細はこちら