[ACRE] アクレ ブレーキパッド ダストレスリアル フロント用 レパード JPY33 JHY33 96/3~99/7 3000cc NA ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円


 >  > [ACRE] アクレ ブレーキパッド ダストレスリアル フロント用 レパード JPY33 JHY33 96/3~99/7 3000cc NA ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円

土壌改良資材「つちだね」造り

 オベリスク農園のメインは何と言っても堆肥造り。牛ふんをベースに稲わら デイトナ (93113)ハイパーヘッド124.8CC/VERUP【smtb-s】、米ぬか、そば殻、おからなどを混ぜ合わせ、4日に一度ひと山ひと山手作業で微生物とまるで会話でもするかのように切り返し(混ぜて空気を入れていく作業のこと)ていきます。

 微生物の働きにより資材の山は自然に80度近くの高温まで発酵し、有機物を分解しながら徐々に落ち着いていきます。そのような過程を経て生まれる完熟堆肥はまさに微生物の宝庫です。土壌に広がり、本来あるべき形で農作物の生育に影響していきます。不快な悪臭はもちろん 7533N27.0 (株)シモン シモン 安全靴 長編上靴 7533黒 27.0cm 7533N-27.0 HD、施肥後すぐに植え付けても、いわゆる未完熟堆肥にありがちな葉焼けや根焼けを起こすこともありません。

 

 

 [ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ800C リア用 アコード CL7 02/10~08/12 2000cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円

おべりすく農園ブログより(2014年3月27日)



 
★手造り堆肥『つちだね』ができるまで★
1、牛ふんの搬入
つちだね造りのスタートです。
まずは農園近くの牛屋さんから牛ふんを運んでもらいます。
この状態の牛ふんは水分を多く含み、強い臭いがします。







2 【送料無料】 PIRELLI ピレリ ウィンター アイスアシンメトリコ 155/65R14 14インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット LEHRMEISTER レアマイスター サフレディ(ブラックポリッシュブロンズクリア) 4.5J 4.50-14、稲わらを混ぜ、積み上げる
水分調整をします。
生の牛ふんに稲わらをからめながら堆肥舎ハウスへ移動していきます。
ハウス内で行うことで、雨風の侵入を防ぎ、水分量・発酵具合を管理します。
埼玉県で無農薬で栽培された稲わらを使用しています。
     


3、そば殻、米ぬかを混ぜる   
米ぬかが発酵がはじまる口火の役割をします。
そばがらは微生物の寝床となります。米ぬかにより完成した堆肥に肥料効果が加わります。


6ヶ月保証付 EB130 ポールタイプ (テーパー端子) EBグランドスターシリーズ



4、一次発酵(70℃以上を約1ヶ月) 
この間、3日おきに切り返し作業を行います
切り返し作業とは 【ゴジゲン】マフラー BORDER304SPEED (ボーダー304スピード) ユーノスロードスター 【GF-NB8C】 [H10/1~] 競技専用、牛ふんの山をかき混ぜる作業のことで、空気を含ませることで好気性菌発酵を促します。
発酵とともに堆肥内の温度が上昇します。



真冬でも手を入れれば火傷するほどの高温ですから発酵熱の凄さを感じます。
この段階では分解されやすい有機物が分解されていきます。 
最高で79℃くらいまであがります。

[ACRE] アクレ ブレーキパッド ダストレスリアル フロント用 レパード JPY33 LMスポーツファイナル(グロスブラック) JHY33 96/3~99/7 3000cc NA ブレーキパッド ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円


温度が上がってきたところで、「おから」も投入します。



表面の乾燥が進んだ場合は水をかけます。発酵に伴い臭気は変化していきます。 
(この時の臭いは面白いもので、漬物、かつお節、納豆、チョコミント YOKOHAMA WHEEL (ヨコハマ ホイール) ADVAN Racing RZII (アドバンレーシングRZ2) 18インチ 8.5J PCD:100 穴数:5 inset:45 レーシングハイパーブラック&リング [ホイール1本単位]、イチゴジャム・・・感じ方は様々です。)



最終的に13回程度の切り返しを行います。
温度、水分量を確認しながら、微生物の声に耳を傾けるような気持ちを大事にしています。
次第に堆肥の山は減容し、重さも軽くなっていきます。





5、

、二次発酵(約1ヶ月~)
温度が徐々に落ち着き、二次発酵の段階に移ります。
切り返しはやはりこれまで同様に3日おきに行います。べっちゃりとしていた堆肥が非常に軽くさらっとした状態になっていきます。臭いはどんどん弱くなっていきます。難分解性有機物(稲わらなど)の分解が進みます。
未完熟の部分を残さないように注意しながら作業を進めます。
   


6、袋詰め、完成! 山全体の温度が常温に戻ったところで 、小さなごみを取り除いたり、ふるいにかけるなど最終的な処理をして袋詰めをします。完熟しているので、発酵臭は全くありません。
さらさらなので畑の土とよくなじみます。



肥料が直接植物に触れても、根焼けや葉焼けを起こさないため、施肥後すぐに植え付けや種まきが可能です。

成分の検査ではこのような結果になっています。

オベリスク株式会社は、平成20年に埼玉県より特殊肥料生産業者、肥料販売を認められています。
 
 
『つちだね』を利用した多くの方々からおいしい野菜ができた、きれいな花が咲いた、病気の庭木が回復したとの声をいただいています。

『つちだね』を通して、私たちの生活と自然における土の役割・重要性に感心を持っていただければ幸いです。
 
 
 

 

オベリスク農園サイト

ようこそ!

ご訪問ありがとうございます!