>  > ズーム ダウンフォースサス 1台分 ユーノスロードスター NA8C BP-ZE H5/8~9/12 サスペンション

ズーム ダウンフォースサス 1台分 ユーノスロードスター NA8C BP-ZE H5/8~9/12 サスペンション

【送料無料】 235/65R18 18インチ TECHNOPIA テクノピア カシーナ V-1 7.5J 7.50-18 DUNLOP ダンロップ グラントレック PT3 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション


苔の専門サイト 日本苔技術協会 > 苔の栽培方法 > ヤマゴケの栽培法

H5/8~9/12 H5/8~9/12 NA8C サスペンション ズーム 1台分 BP-ZE ダウンフォースサス ユーノスロードスター NA8C

 福岡県柳川市でコケを使った盆栽や小品を製作、販売している「はなおと 柳川」の阪本協会員から、アラハシラガゴケ、ホソバオキナゴケ(総称してヤマゴケ)の扱い方を知りたいと問い合わせがありました。
 ヤマゴケの栽培方法について特別に研究はしたことはありませんが、苔神の経験を紹介します。
 
 まず、ヤマゴケの自生環境ですが、杉林の林道を歩いていると、杉の大木の根元に生えているヤマゴケは誰でも一度は見たことがあるでしょう。杉の大木の根元は雨が当たりにくいため、乾燥している場所のように考えますが、案外そうではないようです。大きな樹木は根から大量に水を吸い上げ、葉から水蒸気を放出しています。そのため、樹林地帯は水蒸気が大量に供給される環境にあります。
 

 
 新潟の海岸地帯には松林が広がっています。砂丘地の松林にもヤマゴケが自生しています。砂地で乾燥しているように見えますが、松林の砂丘地は地下水が豊かで、案外、地面から放出される水蒸気が多いのです。つまり、ヤマゴケも水分供給の豊富な場所を自生地に選んでいるようです。
 
 杉林のヤマゴケは開けた明るい林道沿いに自生しています。砂丘地帯の松林も、ご覧のようにかなり明るい場所です。照度計で測ると、10000ルクス以上あります。林の奥まった暗い場所には、あまり見かけません。
 こうした観察から、苔神はヤマゴケの栽培は明るくて水分の多い環境を選んでいます。
 

 
 とは言え、直射日光が長時間当たるような場所はさすがに乾燥が激しいので、生育は難しいようです。
 ヤマゴケの栽培はそれほど難しくはありませんが、ただ、時間がかかるので難しく感じるだけではないでしょうか。
ヤマゴケの栽培方法、詳しくは次回に!
  By 苔神

日時: 2011年05月18日 18:47

ズーム ダウンフォースサス 1台分 ユーノスロードスター NA8C CIVIC BP-ZE H5/8~9/12 トヨタ サスペンション

| パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

002 ヤマゴケの播きゴケ栽培法

 自生しているヤマゴケを根こそぎ採取したことがあります。翌年も採取しようと出かけたのですが、再生していませんでした。その後、6年間、観察を続けましたが、とうとうヤマゴケは再生しませんでした。苔神、未熟のころの話で、恥ずかしい限りです。

 播きゴケ法でヤマゴケの栽培を志す方は、手でつまみ上げられるくらいのコロニーに成長するまで、最低2年半~3年は覚悟したほうがよいでしょう。
 

 
 培土は赤玉土小粒 ガレージベリー ロードスター ND5RC リファインテール (カバー) FRP製 塗装済み、バーク、砂をそれぞれ等量混ぜ合わせたものを苔神は使っています。要はある程度、保湿性のよいものであれば何でもよく、培土はあまり関係ないと苔神は考えています。
 ポット、プランターなどを使用するのが安全です。特に挿し芽箱はお勧めです。
播種の方法は他のコケと同じです。「苔の種の播き方」を参照してください。育て方のコツは乾燥を防ぐことです。
 

 
乾燥を防ぐ手段として、遮光します。苔神は50%くらいの遮光ネットを使用します。
 上の写真のヤマゴケのポット栽培では、すだれを代用しています。遮光のあるなしを比較しました。
 また、ポットや挿し芽箱を勧めるのは、風除けを考慮しているからです。風はこれまた、乾燥を速める要素です。風を防ぎ、遮光することで、乾燥を防止しているのです。
  By 苔神

日時: 2011年05月19日 13:46 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

003 ヤマゴケの移植栽培法

 ヤマゴケの播きゴケ法栽培は時間がかかりますが、それ比べて、小さなコロニーを集めて移植する移植栽培は、案外、早く成長して、1年ほどで分厚い連続したコロニーになります。
 
 ヤマゴケの栽培で注意するのは、長期間の乾燥を避けることです。これはヤマゴケに限らず、コケは乾燥している間、成長しませんから、コケの成長を促すには、乾燥は避けたほうがよいのです。
 また、コケを成長させるには光りが必要ですから、できるだけ明るい場所で育てるのが、栽培のコツでもあります。
 ただ、光りが強ければそれだけ乾燥が速くなりますので、水分の補給に気を遣わなければなりません。
 

 
 ヤマゴケのコロニーは灌水する時、苔の表面で水をはじく傾向がありますので、しっかりとした灌水が必要です。表面が濡れていても、コロニーの内部や土にまで水分が届いていないことがあります。
 上の写真、木鉢からヤマゴケが溢れるほどになっています。こうなると、少しくらい灌水しても中まで水は届きません。
 

 
 少しふちが高くなっている容器で栽培すると、水は外へ流れずに土まで届きます。植木鉢にヤマゴケを移植する時も、水が鉢内に染み込むようにふち周りを押さえるとよいでしょう。
 ヤマゴケの移植栽培は案外簡単です。盆栽などによく利用されるのも、扱いが楽だからです。でも、そこまで育つのは容易なことではありません。自生ヤマゴケの乱獲は避けて、人工栽培で増殖して利用したいものです。
  By 苔神

日時: 2011年05月19日 13:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

004 ヤマゴケの育て方

 播きゴケ法でも移植法でも、ヤマゴケの栽培で必要なのは充分な光りと水分です。充分な光りとはどれくらいを言うのでしょう。
 太陽の直射光は10万ルクス以上ありますが、すだれや遮光ネット下では1~2万ルクスほどになります。曇り空の日は、3~7千ルクスくらいです。苔神はヤマゴケ栽培の明るさの目安として、昼間の照度が1万ルクスくらいを上限に、2~3千ルクスくらいを下限にと見ています。木陰になる半日陰がこんな明るさだと思います。
 

 
 では、充分な水分はどれくらいなのでしょう。
 コケの育て方の解説書などに「乾いたら水をあげる」と書かれています。まったくその通りなのですが、コケだけに関わっているわけにはいきませんから、それは無理というものです。
 コケが枯死するなんて、よほど乾燥が続かない限りありません。それくらいコケは乾燥に強いのです。でも、乾燥が続くと 、成長が止まります。コケを育てるときは乾燥を避けなければなりません。
 

 
 乾燥を防止するために水分をやりすぎると、徒長してしいます。いたずらに茎高が伸びて弱々しい苗になってしまいます。
 地面に防草シートを敷き、その上に挿し芽箱で栽培する時は、おおよそですが、一日一回、たっぷりと灌水すれば、充分です。新潟地方では一日平均4~5ミリの降雨量なので、一週間の間に20㎜程度の雨が降れば灌水はしなくても充分だと考えています。
 乾燥を防止する方法は様々あります。容器内の培土を増やせば乾燥しにくくなります。培土の量が少なくても頻繁に灌水すれば乾燥しにくくなります。その他、遮光する、風を防ぐ、湛水中に置いて容器の底から給水する、など工夫は様々です。
 でも、様々に工夫すればしただけ、新たな問題が発生することがありますので、ご注意下さい。
  By 苔神

日時: 2011年05月28日 21:17 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

005 ヤマゴケについて

 自生しているヤマゴケを根こそぎ採取するのはご遠慮願うとしても、少しくらいならと採取される方は、きちんと育てて頂きたいと思います。
市販されているヤマゴケを購入された方も、せっかくですから大きなコロニーに育てて下さい。
 

 
 ヤマゴケのやさしい育て方は、小さいコロニーを隙間なく並べることです。ポットでも植木鉢でも、コロニーとコロニーの間をあけずに移植すること、これがコツです。
 隙間を空けて移植することを株分け法とか、坪植えとか呼びますが、コロニーはコケが生育する上で重要な働きを持っています。コロニーがしっかりしていればいるほど、コケは育ちやすいのです。ですから、できるだけコロニーを壊さないように移植し、育てることが大切です。
 

 
 ヤマゴケを欲しいと思う方は多いのですが、人工栽培を手がける人はほとんどいません。天然のヤマゴケを採取して販売すれば簡単なのですが、天然のヤマゴケは確実に減っています。
 宮崎県延岡市の前田エンジニアリング㈱さんは、吉田協会員が中心になって、昨年から本格的にヤマゴケの人工栽培に取り組んでいます。まだ市場に出荷できるほどに育ってはいませんが、コケの人工栽培を手がける人が増えてくれることは嬉しいかぎりです。
 あなたも、チャレンジしてみませんか。苔神が応援します。
  By 苔神

日時: 2011年06月03日 20:23 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

006 ヤマゴケの苔玉

 ヤマゴケで苔玉を作り、育てるのは、案外簡単です。屋内で育てる時はなるべく明るい場所で、でも強い直射日光を避けること 2輪 サンスター ブレーキディスク フロント ワークスエキスパンド WT122(BK) ヤマハ FJ1200 1200cc 1988年~1993年、水を切らさないこと、この2点に注意すれば、ヤマゴケは確実に育ってくれます。

水を切らさないように注意しますが、水を切らさないというのは、苔玉の内部を乾燥させないということです。いろんな人がいろんな方法で苔玉の育て方を教えていますが、どんな苔玉でも、内部の土壌(あるいは乾燥ミズゴケ)を乾燥させてしまうと、コケの表面で水をはじき、吸水が難しくなってしまいます。

苔玉の内部の土壌の選び方で乾燥の度合いは異なりますので、水遣りの頻度も変えなければなりません。また、植物を植え込む苔玉では、植物が吸収する水分の量だけ乾燥が速くなります。つまり、苔玉は作り方によって水遣りの量や方法が違います。さらに、苔玉を育てる環境はそれぞれ異なりますので、その場所に合った水遣りをしなければなりません。これが分からないと、苔玉はうまく育ってくれません。
 

 
 苔玉の育て方として、内部の土壌を乾燥させないことは大事なのですが、そのために容器の底に水を溜める方法を教えている方がいますが ●エンドレス●90 クレスタ Type-Drift リア ブレーキパット、これは注意が必要です。長期間、水を溜めたままにしておくと土壌が腐敗してくることがあります。苔玉の底が水と接している状態が、悪臭の原因だけでなく、コケが黒くなって弱る原因にもなります。
 また、室内での光量が不足すると、同じ現象が起こります。

 コケは茎葉体が伸びるにつれて、下部が枯死し、土壌化して行きます。コケを過湿に育てると異常に成長し、徒長してしまいます。徒長することによって、茎の下部の枯死(?)が早くなるのではないか、と苔神は考えています。(確認はしていません)
 
 写真のヤマゴケの苔玉は2011年2月に作りました。糸が見えなくなるほど育っています。ガラス容器に入れて育てていますが、容器の底には水は溜めません。室内で育てています。一日1回の霧吹きだけで育てています。時々、容器ごと全体を水洗いします。
心材には腐敗の元になる土壌は使っていません。(無土栽培法)
  By 苔神

日時: 2011年06月21日 22:34 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

007 苔の種で育てるヤマゴケ

 ヤマゴケを簡単に育てる方法がわかりました。
 苔の種は苔神のオリジナル製品ですが、これまでヤマゴケは扱っておりませんでした。それは、苔の種として販売するほどの大量栽培が難しかったからです。
でも、1年半ほどでヤマゴケを育てられることがわかったのです。
 そこで、ヤマゴケの苔の種を売り出しますので、その育て方をお教えします。
 



 
 ヤマゴケの苔の種は、一袋でプランター1個分(約60㎝×20㎝)播種できる量です。
 プランターに培養土を半分くらい入れて平らに均します。苔の種を平均的に播種します。ジョウロで水をやり、木ゴテなどでしっかりと抑えます。遮光ネットをかぶせます。雨の当たる場所に置いて下さい。1週間雨が降らない時は、ジョウロでたっぷりと水をやって下さい。
 半年くらいすると薄く緑色のコロニーが広がります。1年ほどできれいなヤマゴケのコロニーが生えそろいます。
 ポットや植木鉢でも育てられます。ポットや植木鉢の場合は、写真のように、差し芽箱の中で育てて下さい。差し芽箱の底に、ビニールを一枚敷くと育てやすくなります。

 上の写真、プランターは10月2日に播種、ポットは5月1日に播種しました。
 この後、どんなふうに育って行くか継続してレポートします。
  By 苔神

日時: 2012年11月13日 16:23 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

008 苔の種で育てるヤマゴケ

 明けましておめでとうございます。
 今年も、コケの栽培記録を継続してアップして行きます。
 ヤマゴケの栽培記録です。
 ポットは2012年5月1日に播種。約8か月でこんなに成長しました。


 5月1日 播種                                  9月25日

 11月13日                                  12月31日
 
 プランターは9月20日に播種しました。まだ、

ズーム ダウンフォースサス 1台分 ユーノスロードスター NA8C BP-ZE H5/8~9/12 サスペンション

0

● 低価格でダウン量、乗り心地等、コストパフォーマンスを徹底追求。
● 車検対応(※平成18年1月以降に生産された車両は、ローダウン時にフォグランプ下縁高さが 250mm未満となった場合、保安基準に抵触します)
● バネレートは純正の10~20%UP以内。乗り心地重視。
● ヘタリはほとんどありません。3年間保証(メーカー基準に準じます)
● 引張強度200kgf/mmの新素材採用。
● ダウン量保証(メーカー基準に準じます)
● 環境にやさしい塗料採用。

☆適合車種・必ずご確認下さい☆
●メーカー名:マツダ
●車種:ユーノスロードスター
●型式:NA8C
●エンジン型式:BP-ZE
●年式:H5/8~9/12
●備考1:

●ダウン幅 F(mm):40~45 ダウン幅 R(mm):25~30

●メーカー品番:

送料700円(離島:2500円 沖縄:3000円かかります。)
代引手数料600円


発送までの
  目安
●商品手配後、(銀行振込は入金確認後)からメーカーに在庫がある場合は
3~5営業日で発送となります。
まれに欠品・受注生産で納期に時間を要する場合がありますので
お急ぎの方は誠に恐れ入りますが、納期をお問い合わせ下さい。
発送詳細●発送は宅急便での発送となり、送料は「お支払い・送料」に
記載の通りとなります。
発送業者のご指定は出来ません事を予めご了承下さい。
支払方法●支払い方法につきましては、ショッピングガイドを御参照下さい。
注意事項●商品手配後(入金後)のキャンセル・商品変更・数量変更は出来ませんので、ご了承下さい。
お急ぎの方は必ず在庫確認をして頂き、弊社より回答をさせて頂いた上でご注文下さい。
在庫確認の質問を行わなかった場合の納期対応は可能な限り対応させて頂きますが、その時の在庫状況による事をご了承下さい。
●商品についてはお客様の責任でお選び下さい。
画像について商品掲載画像はイメージ画像になります。
お届けする商品は車両の仕様等によってを異なる場合がございますので
予めご了承下さい。

、3か月ですが、一面にうっすらと緑が広がってきています。前回、10月2日に播種と書きましたが 550-0378 サイドスラッシュマフラー S&S(エスアンドエス) スポーツスターXL(14年~)、9月20日の間違いでした。写真撮影した日が、10月2日でした。


 9月20日播種

 12月31日
 
 この他にも、ヤマゴケの差し芽箱栽培を試験しています。
 ヤマゴケという名称は、いわゆる俗称です。シラガゴケ科、シラガゴケ属、ホソバオキナゴケ Leucobryum juniperoideum (Brid) MÜll.Hal. とアラハシラガゴケ Leucobryum bowringii Mitt. の2種類を区分しないでヤマゴケと呼んでいます。
 本来、シッポゴケ科にはヤマゴケ属、ヤマゴケ Oreas martiana (Hoppe & Hornsch.) Brid という種があります。ホソバオキナゴケよりもずっと小さく、見た目でも両者は似ているとは言えません。ですから、これからはヤマゴケという呼び名はやめて、ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケと分けて呼ぶことにします。ちなみに、苔神が栽培している写真のコケは、ホソバオキナゴケです。
  By 苔神

日時: 2013年01月01日 12:04 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

009_苔の種で育てるヤマゴケ

 ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ Leucobryum juniperoideum (Brid) MÜll.Hal.)のプランター栽培記録を、忘れていました。前回のレポートから半年が経っています。
 

 
 播種から8か月半ほど経ちます。観察は6月4日(火)。一面に新しい株が生えて来て、コロニーが形成されつつあります。このまま順調に行けば、一年ほどでシート状の苗になると思われます。
 コケの栽培で、苔の種を播く時期は何時が良いのでしょうか、とよく質問されます。
 自然の状態で栽培する時には、播種からおよそ3~5か月の間は水分を必要としますので、梅雨時を目指しての2月~3月頃が適当ですが、プランターや差し芽箱で栽培する場合は、何時播いてもそれほど影響はありません。プランターや差し芽箱に蓋や遮光ネットを被せることで、風を防ぎ、乾燥防止を果たしますので、多少の乾燥する時期でも、発芽し成長します。
 苔神のプランター栽培は、試験圃場に置いて、ほとんど灌水しません。放置状態と言ってもいいです。それでも、ちゃんと育ちます。栽培のコツは、プランターや差し芽箱など、少し深い容器で苔の種を播き、蓋や遮光ネットで風を防ぐこと、これが重要なのです。
 とはいえ、新潟とは気候の違う地域では、やはり乾燥の時期は少し不安ですから、時々、観察しながら灌水した方が安全です。一週間に一回の灌水で十分だと思います。
 皆さんの栽培はどうなっているのでしょう。もしよろしければ、画像をメールに添付して、苔神に送って下さい。ブログで紹介します。
  By 苔神

日時: 2013年06月04日 16:04 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

010 苔の種で育てるヤマゴケ

 2012年9月20日に播種しました。ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ Leucobryum juniperoideum (Brid) MÜll.Hal.)のプランター栽培記録です。
 


 
 2014年1月10日に観察しました。
 少し雑草が生えていましたので、雑草を抜きました。きれいに生えそろっています。1年3ヶ月でこれくらい栽培が可能であることが、実証されました。№008_苔の種で育てるヤマゴケを見て下さい。一目瞭然です。
 これからはもう少し異なった様々な栽培条件について試験してみようと考えています。
 次回からは、2012年6月から続けている別のヤマゴケ栽培の試験についてレポートします。
By 苔神

日時: 2014年01月10日 22:26 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

011 ヤマゴケの差し芽箱栽培

 2012年6月6日に播種して、差し芽箱の蓋掛け栽培したヤマゴケ(ホソバオキナゴケ Leucobryum juniperoideum (Brid) MÜll.Hal.)の栽培記録です。
2年間の記録を一気に公開します。
 2012年6月6日

 2012年9月27日

 2013年3月19日

 2014年5月7日

 
 写真で、2年間の育ち具合がわかるでしょうか。実際は、コロニーは密に生えそろい、厚みは1センチ程になっています。もう十分に移植可能になっています。
 ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)の栽培では、風による乾燥、直射光による乾燥を避けることが成功の秘訣です。この意味で、差し芽箱を蓋掛けして育てる方法が、最も適切なのだと考えます。

By 苔神

日時: 2014年05月09日 22:32 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

012 ホソバオキナゴケ

 012 ホソバオキナゴケ

 ホソバオキナゴケ(Leucobryum juniperoideum Mull.Hal. 別名Leucobryum neilgherrence Mull.Hal.)はシラガゴケ科シラガゴケ属の一種です。通称ヤマゴケと呼んでいますが、よく似ているアラハシラガゴケ(Leucobryum bowringii Mitt.)と区別しないでヤマゴケと呼びます。正確に言えば、シッポゴケ科ヤマゴケ属ヤマゴケ(Oreas martiana brid.)という苔があり、似てはいますが別の種類です。
 よく似ている苔はたくさんありますが、中には全く別の苔ということもありますから、できるだけ正確に名前を呼ぶようにしたいものです。

 下の写真は、アラハシラガゴケとホソバオキナゴケを比較したものです。
 


 アラハシラガゴケ ①~④
 


 ホソバオキナゴケ ⑤~⑧
 
 コロニーの外観、茎葉体の外観(茎高2~3センチ)は勿論ですが、葉(3~10ミリ)のルーペ観察でもその違いは分かりにくいです。アラハシラガゴケとホソバオキナゴケを見分ける最も明瞭なのは、茎に明瞭な中心束があるのがアラハシラガゴケ(画像④) バックレスト ブラックバックレストシシーバー/ハーレーツーリング用荷物ラック09-17ロードグライド Black Backrest Sissy Bar w/ Luggage Rack For Harley Touring 09-17 Road Glide、茎に中心束がないのがホソバオキナゴケ(画像⑧)です。これは茎の断面切片を、200倍程度の顕微鏡で観察すると案外簡単に判別することができます。

 アラハシラガゴケとホソバオキナゴケはよく似ていますが、似ているのは、姿や形だけではなく、育て方もほとんど変わりありません。苔神は少し見た目で大型のアラハシラガゴケよりも、見た目できめの細かいホソバオキナゴケが好みですから、もっぱら、

ズーム ダウンフォースサス 1台分 ユーノスロードスター NA8C BP-ZE H5/8~9/12 サスペンション

、ホソバオキナゴケを栽培しています。                          By 苔神

日時: 2017年06月13日 15:53 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー

【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-3 BLK] 巻取φ36 [メッキ金具] MT-07 14-16 【1063694】

日本苔技術協会(JMTA)
事務局:
苔神工房(こけしんこうぼう)
〒951-8067
新潟市中央区本町通14-3118-7
TEL:025-223-4274
FAX:025-223-4387

- 日本苔技術協会ホーム - 協会ご案内 - 入会お申込み - 苔の種 - ギャラリー - 研究レポート - 苔の栽培方法 -

日本苔技術協会(JMTA) 事務局:苔神工房
〒951-8067 新潟市中央区本町通14-3118-7
TEL:025-223-4274 FAX:025-223-4387 E-Mail:info@kokesin.com

{yahoojp} {kokesin.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-77682